大腸がんの恐ろしい一面!ストーカーの如く他の臓器へ転移して蝕む

自宅から通院出来る

マスクをして横になる患者

現在の医療技術向上のおかげで、多彩な治療方法が誕生しています。がんの治療も例外ではありません。一昔前まで、副作用のリスクがはらんでいたがん治療でした。しかし、数多くの新型抗癌剤のおかげで副作用が軽減されています。または、従来のがん治療とは一味違うタイプの方法も確立されているのです。それは、NK細胞療法です。いわゆる、人体に存在する免疫力を外部で強化してから戻してがん細胞と戦わせる治療方法なのです。予め治療前に採血をして、血中のリンパ球を取り出した後に、細胞の増殖と強化を約2週間程度行ないます。その後に、患者に強化した自身のリンパ球を点滴で投与するだけの簡単な治療です。体内に強化されたNK細胞はがん細胞に即攻撃を仕掛けていきます。おかげで、がん細胞の動きが鈍くなり最終的に消滅していくのです。

NK細胞療法には、優れた点が存在します。それは、従来のがん治療で生じる副作用が無いということです。がん治療を受けている患者のほとんどが副作用に苦しんでしまいます。ですが、NK細胞療法は強化された細胞を投与されても全く吐き気や倦怠感におそわれる心配はありません。そのため、快適に病院での治療を受けられるのです。NK細胞療法の優れた点はもうひとつ存在します。それは、入院する必要が無い場合があるからです。体力が有り余っている患者なら、NK細胞療法を投与するだけですぐに帰れるのです。入院生活をおくることなく一番リラックス出来る自宅で日常生活が出来るのです。