大腸がんの恐ろしい一面!ストーカーの如く他の臓器へ転移して蝕む

肺腺がんの発症リスク

シニア女性

初期症状が、ほとんど無いに等しいがん症状は多数存在します。その内の一つが肺腺がんです。肺腺がんとは、文字通りのもので、肺の組織内に生じる腫瘍の事を意味します。先ほど説明したとおりで、発病してからの自覚症状が無いため、早期発見での治療が困難になります。なので、肺腺がんが発覚してから末期の症状になっているというケースも少なくありません。それに、呼吸器系に関するがんなので日常生活でも気をつけるべき部分を守っていれば、生じるリスクが少なくなります。

肺腺がんにかかりやすい要因は多岐に渡ります。最もイメージできるのは、喫煙習慣です。喫煙はがんの発症率を向上させるのは有名なものです。テレビCMでも注意を促しているほどなので、毎日たくさんのたばこを吸っている場合はすぐにでも本数を減らしていくのが望ましいです。最終的には一本も吸わない生活をおくれるようにつとめましょう。また、肺腺がんの発症率は居住地域の環境による要因もあります。どのようなものかというと、光化学スモッグなどの有害ガスが大量に発生している場所に住んでいることです。一昔前では、日本の都心部でも光化学スモッグが発生している時期がありました。現在とは異なり、車の排ガスに関する整備が整っていないからです。そのため、大量の光化学スモッグが発生して肺腺がんの発症リスクを高めてしまっていたのです。現在は排ガス規制が整っていますが、車の交通量が多いという面ではまだまだ油断できないものです。ありとあらゆる面で肺腺がんの発症要因が存在しているのです。定期的に人間ドッグなどを受けて少しでも早く発見して除去しましょう。