大腸がんの恐ろしい一面!ストーカーの如く他の臓器へ転移して蝕む

多彩な咽頭がんの検査方法

患者と看護師と医者

咽頭がんは、人体の主に顔面に関連するがん症状です。どのような場所に生じるものかというと、鼻の奥から食道あたりの粘膜にがん細胞が出来てしまうのです。自覚症状もはっきりしたタイプのものが確認出来ます。それは、耳の片側だけ詰まっているような感覚がある症状です。もしくは、喉の違和感や扁桃腺の腫れ、食べ物が飲み込みにくいと言った症状もあるのです。耳の詰まりや食が進まなくなるような症状は、日常に大きな支障をきたしてしまうでしょう。それに、咽頭がんの進行速度は他のがんと比較しても早い部類に入るので、自覚症状があった時点ですぐ病院に行きましょう。

実は、セルフチェックで咽頭がんの検査方法が存在しています。もし、上記のような症状が確認できたら鏡の前に立って簡易的な検査をやってみましょう。どのような検査かというと、洗面台の明かりを付けて口を大きく開けるのです。口内で扁桃腺や口蓋垂などが晴れていたり、若干変色していたりしたら咽頭がんの疑いがあります。また、単に鏡の前に立っての検査だけでなく、家族同士でもチェックできます。お互いに、口の中を見せ合いっ子しながら咽頭がんが生じているかどうかを見れるのです。一応、病院でも咽頭がんの検査を実施してくれます。もし、上記で紹介した検査方法でも分からない場合は医師の診断に委ねたほうがいいです。病院での検査方法としては、ファイバースコープを使用します。いわゆる鼻から通す内視鏡です。口から挿入するタイプの内視鏡とは異なり、吐き気を伴うことが無いのでリラックスして検査を受けられるので安心できます。